数秘|子育てで親ができること

こんにちは。今日も人生を楽しんでいますか。

あなたのライフスタイルに数の力を。

数秘術を生かして人生すべて思い通りをモットーに活動しています。

ライフモデリストの佐藤あさこです。

カバラ数秘術やピタゴラス数秘術で有名な数秘術の魅力をお伝えしながら数秘の楽しさをひとりでも多くの方に知ってほしくて活動しています。

最近の悩み事は自分の仕事をどうやって伝えていいか分からないことです。笑

まだまだ「数秘」という言葉は聞き慣れない人が多いから「数秘を教えています」と言っても理解してもらえない人が多くて、「数秘」という言葉ですでに怪しさ満載になります。笑

だから私は堂々と「数秘を教えています」と言った時「数秘って面白いですよね!」って共感されて「何番ですか?」って話で盛り上がる世界を創りたいのです。笑

そしてライフパスナンバーだけを知っている人にはライフパスナンバーの生かし方を教えてあげたいし、他のナンバーのことも教えてあげたいのです。

今読み解くための講座を作り上げています。

まだまだ先は長そうですが、アメブロにて数秘のこと詳しく書いています。

///数秘Mapping /// 数秘をMappingするって何?って思った人はぜひブログへどうぞ。

数数秘は知るだけでは意味がありません。

読み解いて活用してはじめて人生が好転します。ぜひ数秘を活かしたライフスタイルを。

(数とカラーの対応は数秘&カラー®︎の対応カラーです。)

今日は子育てのお話。

子供の才能を活かすも殺すも親次第だなと思っています。

そして子供が出会う大人、学校の先生だったり習い事の先生だったり影響を受ける大人たちによって子供の個性や才能は活かされることも潰されることも多いのです。

では、私たち大人は子供の個性や才能をできる限り伸ばしてあげるにはどうしたらいいのか?

そのことがわかる数字があります。

ピナクルナンバーです。幼少期から30歳前後(人によって違います)にどのような環境で育つとベストなのかを教えてくれるナンバーです。

この番号の計算方法は生年月日の月と日を足した数になります。

例えば8月18日生まれの人であれば8+1+8=17   1+7=8  となります。

このナンバーがピナクルナンバーといって課題やテーマになる番号です。

8が出たなら自信をつけさせてあげることです。

目標を持たせてあげて頑張った成果を褒めてあげることが大切です。

どんな小さなことであっても目標が達成した時に褒められることによって自信がどんどんついて無限の可能性を手に入れ力を発揮できる人に育っていきます。

私はこのナンバーが4なので幼少期から30歳までを振り返った時、どのような環境で育ったかなと考えたら、「人の道から逸れてはならない」と育てられました。

人の道を逸れてはならない、なんて当たり前のことなのですが、だからこそライフパスが5であっても親に敷いてもらったレールの上を安定して歩んでいたのだと思います。

学生時代は得に問題を起こすような子供ではなかったし、一応親には大学まで進学するように言われたので勉強は好きではなかったけど、短大までは進みました。

就職先も金融機関という安心安定だけで選んだ職場でしたね。笑

これは偶然でなく必然だったんですね。

だから1社しか受けなかったけど受かってしまったのね。笑

ピナクルナンバーが4でなかったら私の持ち合わせている数字から見てももっと違う人生だったと思います。

逆に4の環境で育たなかったら私はミッシングナンバーが4なのでもっと4という数字に苦労して今ではもっと4が課題だったかもかもしれませんね。

破天荒すぎて信用してもらえなかったり、もっと現実離れしてはちゃめちゃな人生だったかもしれません。

両親は数字の意識なんてまるでなく育ててくれたと思いますが、今 親になった私たちは子供のそういうったナンバーを意識することでもっと子育てが楽になるはずです。

そして子供に与える環境に自信が持てるはずです。

その子が持って生まれたピナクルナンバーを知って適した環境で育ててあげてくださいね。

 

ピナクルナンバーが1ならば「個」を大切にしてあげてください。

ピナクルナンバーが2ならば「人と関わること」を積極的にさせてあげてください。

ピナクルナンバーが3ならば「より子供らしく。豊かな発想力」を身につけてあげてください。

ピナクルナンバーが4ならば「コツコツと努力すること」の大切さを教えてあげてください。

ピナクルナンバーが5ならば「すべてが体験であり経験である」ことを教えてあげてください。

ピナクルナンバーが6ならば「愛情たっぷり」与えてあげてください。

ピナクルナンバーが7ならば「ひとり時間」を大切にしてあげてください。

ピナクルナンバーが8ならば「褒めて」あげてください。

ピナクルナンバーが9ならば「すべての人を思う気持ち」を大切にしてあげてください。

 

番号の意味が理解できるようになると親であるあなたなりの答えが出せるはずです。

あなたがイメージする答えがあなたの答えです。

番号のイメージを理解してあなたなりの答えを見つけて子育てに生かしてみてくださいね。

今日も素敵な1日をお過ごしください。

////////////////////////////////////////

数秘術の簡単な計算方法です。

生年月日を一桁になるまで足すだけです。

ただし、11,22,33が出た場合はそのまま残してください。

マスターナンバーになります。

1962年08月24日生まれの方は

1+9+6+2+0+8+2+4=32

3+2=5

ライフパスナンバー(現代数)は数秘5になります。

バースデーナンバー(過去数)の計算方法はは生まれた日にちだけを一桁になるまで足してください。

上記の場合は

2+4=6

バースデーナンバーは数秘6になります。

過去数(課題数)は生年月日の月と日だけを一桁になるまで足してください。

上記の場合は

8+2+4=14

1+4=5

過去数は数秘5になります。

 

/////2020年今後の予定/////

7月24日(祝)10::-16:00数秘&カラー33オプショナルコース/自宅サロン

7月30日(木 )10:00-17:00数秘&カラーベーシックコース/自宅サロン

8月23日(日)10:00-17:00数秘&カラーベーシックコース/上越地区

8月25日(火)10:00-17:00数秘&カラービジョニングファシリテーターコース/自宅サロン

9月5日(土)13:00~14:30コーチング体験講座/オンライン

チケット購入はこちらから。

/////過去関連記事/////

数秘のいろいろ

数秘1ってどんな人

数秘2ってどんな人

数秘3ってどんな人

数秘4ってどんな人

数秘5ってどんな人

数秘6ってどんな人

数秘7ってどんな人

数秘8ってどんな人

数秘9ってどんな人

数秘11ってどんな人

数秘22ってどんな人

数秘33ってどんな人

数秘Mappingのブログ